ワイパー交換のススメとやり方

去年の台風など大雨による災害がものすごく増えていますね。

大雨で都市圏が麻痺したり、家が流されたり、残念ながら行方不明になったり、お亡くなりになった方もいらっしゃいます。

大雨になると事故も増えるといいます。

なぜか?目の前の視界が見えづらくなるからですね。いくらワイパーを動かしても見えないこともありますよね。

油膜でギラギラして前が見えないとか拭き取りが悪くて全く見えない!なんてこともあるかもしれませんね。

あの時ワイパー交換しておけばこの事故防げたかな、、、とかそんなことあまりないか?(笑)しかし転ばぬ先の杖として交換しておくのも悪くないかと。

で、今回我が愛車トヨタウィッシュのワイパー交換の方法をお教えします。結構簡単ですよ!

こちらを今回は購入しました。NWBのデザインワイパーです。何故これにしたのか、値段と性能のバランスが良いかなぁと思いまして。

お店でやってもらうと工賃がどうしてもかかってしまいますよね。

少しでも工賃節約したい!でも私は不器用だから出来ないよ!!って方見てみるといいかもです。

私もブログ名通り器用貧乏とよく言われておりまして、、、不器用なのですよ。ご安心を。

さてさて、まずは変えるワイパーを用意します(笑)

これがなきゃ始まりませんね。

そしたらワイパーを台紙から取りましょう。することでスムーズに!

箱にも交換のやり方は書いてありますね。

まずは中央のワイパーの止めてあるところのツメを上に開けます。⬇︎こんな感じになります。

そして下に引くとU字のカギになっているところから外れます。思い切り引くとボディかガラスに当たってキズになってしまったり、自分も怪我をするかもしれないので少し身長にやるといいかもです。

ブレードをはずすとこんな感じ⬇︎

この部分はワイパーアームと言い、金属でできているので、このままガラスにぶつけてしまった場合、、、、、割れてしまいます!!!

そしたらガラス交換に数万円いや、もっとかかるかな(笑)

oh  my goodness!!!

そんなオーマイグッドネスを防ぐために、

タオルなどを置いてその上にワイパーアームをゆっくり置いておきましょう。

こうすることでワイパーアームが作業中にびたーんてなることを防げます!!

そしたらワイパーをはずす逆の手順で、ワイパー着けます。

こうなっちゃうとつけにくいですね。

変えのワイパーの上のツメを上に開け、U字のカギのところにワイパーブレードを引っ掛けます。

そして戻して終了です。

お疲れ様でした!!実質15分くらいでしょうか??早い人はもっと早いですが。


ちなみに上のが新品。

下のがつけていたやつです。

上の方がしっかり湾曲していますね。この湾曲がしっかりガラスにフィットしてくれます!

まっすぐだとガラスにフィットしないのです(笑)

湾曲が少ないな〜って思ったらワイパーブレードの替え時かもしれません。

だいたいメーカーだと一年に一度交換が目安らしいです。

でもわたしは2〜3年に一度でいいのかな?と。

ワイパーゴムは頻繁に見て替えておくと良いのかと思います。

なんでそんな替えなあかんの!?金かかるやんか!!って思うかた多いですよね(笑)

おっしゃる気持ちわかります。車の部品はお金高いし、面倒だしなって思う方多いと思います。

雨の時ワイパーが効かないで走行すると、ンマー事故るリスクはうなぎのぼり!!

事故を起こすと自分は悲しくなるし、相手がいたら更に相手を不幸にしてしまいます。

自分や相手が怪我したら?本人や周りの人が悲しみますよね?

もし、相手を殺してしまったら?自分の人生をかけても償いきれませんね。そもそも自分も心に大きな傷を負うでしょう。

そんなことを防ぐためにも安全対策は万全にしておきましょう。

1トン以上ある金属やプラスチックの塊を動かしてるわけですからまともに食らって生きていられる人間はいないでしょう。

どこぞのプリウスミサイルではないですが、視界が見えないとみんながミサイルになってしまいますので、他人事ではないと思ってくださいね!!!

師匠の言葉

「車は便利だし楽しいものだけど、扱い方を間違えればどんな車も凶器に変わる。それを肝に命じて運転してな。」

私も気をつけて運転します!

今日もみなさん運転する方多いんじゃないでしょうか?

気をつけていってらっしゃい!

楽しく安全なドライブを!それではばいきゅー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました