アイサイトについて!

皆さんこんにちは!昨日のレヴォーグの続きになるのですが、今日はアイサイトについてです。

私の友人がレガシィツーリングワゴンに乗っていた時に初めて見たシステムです。

衝突軽減ブレーキがまだ珍しかった頃に見せてもらいまして、ひぃぃー!!ぶつかるー!!って思いながらもぶつからないのに驚きました。

先代の愛車を実験台にしたのでやべー!!と半泣きでした(笑)

それでもぶつからない。そんな支援システムの元祖かもしれませんね。アイサイトがあって今のサポカーたちは生まれたのかもしれませんね。

今回のレヴォーグからアイサイトXとなり、かなり支援システムが強化されました。見ていきましょう!ヒァー・ウィー・ゴー!!

アイサイトX

新しい機能としては、手放し運転が時速50キロ以下であれば可能なのです!特に渋滞時なんかは効果バツグン!!ストップ&ゴーのストレスがかなり減るでしょう。

他には、オートクルーズコントロール時、急カーブや、料金所など必要な車速に減速してくれるそうです。

そして運転が苦手だっていう方のほとんどが話すのが車線変更が苦手なことが多いです。

そんな方に、周りの車両を検知しながらハンドル操作をアシストしてくれます。これで運転が苦手だという方でもバッチリですよ!

そして万が一!人間何が起きるか分かりません。いきなり意識が無くなってしまったりお亡くなりになったりして運転が出来なくなることもあるでしょう。

そんな時は普通のクルマではリアル走る棺桶になってしまい!大事故の元になってしまいますね!ドライバーの異常を検知したら車線中央をキープし、ゆっくり止まります。そしてハザードとクラクションで周囲に異常を知らせてくれます。

基本の緊急衝突回避も進化!カメラだけでなくレーダーを駆使し、見通しの悪い交差点や右左折時などもサポートしてくれます。

ドライバーの死角からのクルマも知らせてくれますね。

また、ブレーキだけでは衝突回避困難と判断した場合ステアリングも同時に制御し衝突回避をしてくれるそうです。

書けば書くほどすごいシステムだなと思います!!もはや夢のクルマですね。

ただし!!!このシステムはオプション装備なのです。えー!!なんでだよ!?これ標準搭載してくれないの??って声が聞こえてきそう(笑)

しかし、お値段は35万円増くらいです。ん?これだけ機能がついてこのお値段なら安く感じるような気がしますよね(笑)

さて!新型レヴォーグから出るアイサイトX次はフォレスターやインプレッサ、WRXにも搭載されるかも!楽しみに待っていましょう!

それではばいきゅー!!

p.sこれには搭載されないかも。

コメント

  1. Willian より:

    I brought in it white and the style is fantastic…I would recommend these watches…

  2. Carlos より:

    Great watch, and a great price for it. Exactly as advertised

タイトルとURLをコピーしました